魔術師ダッチの人生放浪日記

ベンチャー企業北京支社の20代管理職⇒プロ無職⇒プロ占い師⇒普通な魔術師。他人の仕事運、旅行運、恋愛運を占いながら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。

カテゴリ:経営

1年以上前の話になりますが、私にビジネス話を持ちかけてきた人がいます。「広告のビジネスを一緒にしないか?」と。とりあえず話だけは聞いてみたのですが、聞けば聞くほど胡散臭いものでした。そのビジネスとやらの内容は、フランチャイズビジネスのように、「特定の様式に ...

仕事柄様々な人の相談を受けます。SNS上では一見キラキラしているような感じでも、話をすればとんでもない闇を抱えている人もチラホラです。沢山のそういった人たちを見て言いたいことがあります。「消えるな!」。私自身も途中の過程までは経験があるのですが、捨て身の覚悟 ...

昨今、過労死問題がニュースに良く取り上げられています。電通の新入社員の自殺がここ最近の話題でしょう。彼女の勤務時間は中々酷いものですが、それだけでは自殺はしないとことでしょう。好きな仕事を活き活きとやっているならば、多少の労働時間が長くても、身体の疲労は ...

先日、占いをひととおりやり終わったお客さんより、「今の会社を辞めて起業に挑戦したいと思っている。占いはまた別問題として、貴方個人としてはどう思う?」と質問を受けました。その他、本人の状況は下記のとおり。・同世代の平均年収をやや上回る大手企業勤めで、勤め先 ...

商売の基本って何でしょうか?どこかのネタにあるように、「低コストで仕入れて、ハイテンションで売る」に尽きます。低コストで仕入れるという言葉は、単純に流通として物の売買仲介を意味するだけではなく、自力で生産するといった製造業的なやり方もあるでしょうし、勉強 ...

4月から火曜日だけ吉祥寺の小さな占いの館で働かせて貰っています。実のところ、鑑定士として雇われているというより、特定の日だけを日割りの家賃を支払って間借りさせて頂いている状態です。営業日は店に自分一人だけの状態なので、一日店長とも言えそうな感じですね。店舗 ...

占い師をしていると、お客様の中にはリピーターになってくださる人も少なからずいます。ただ、時折、リピーターの方に対して鑑定をお断りをする場合があります。その条件を端的に言えば、「同じ悩みを1か月以内に再び聞きたいとき」。西洋占星学や九性気学のような命術、つま ...

1年半前、魔術師として活動しようか否か悩んでいたとき、1番の悩みは、収益が出るのかという問題でした。当時、調べたときの相場観でいうと占い師の平均年収は200万円とのことです。業界では「出演」という言葉が使われるように、占い師というのはタレント業に近いものがあり ...

↑このページのトップヘ