魔術師ダッチの人生放浪日記

ベンチャー企業北京支社の20代管理職⇒プロ無職⇒プロ占い師⇒普通な魔術師。他人の仕事運、旅行運、恋愛運を占いながら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。

カテゴリ:経営

行政のスリム化を掲げる維新の会の議員と、緊縮財政に反対するれいわ新選組のブレインがTwitter上で論争をしていました。行政のスリム化、いわゆる小さな政府というのは、行政の無駄を徹底的に削減し、行政の支出を減らして国の借金を減らす、それに伴い無駄な税金の徴収も抑 ...

最近、中国人美女とご飯を食べる機会がありまして、日中の文化の差異について話をしました。その際に、公共交通機関において、中国ではお年寄りに席を譲る風習が徹底されていることを思い出しました。その代わり、日本人は列を守るとかはきっちりしているよなあと思っていた ...

友達という言葉の定義は人に拠りますが、もし「何も考えずにいつもつるめる相手」となるならば、私には一人も友達がいません。その一方で、もし「飲み会やイベントなんかで顔を合わせる人達」と定義するならば、多分、一般的な人に比べれば多い方だと思います。実際、非常に ...

講師・先生というお仕事は、子ども相手に教育をするとは限りません。例えばですが、私の職歴をみると、様々な形で「人に物を教える」ことに携わっています。私が新卒で入社した会社は、主に会社員教育のためのコンテンツを提供するeラーニングベンダーでした。そこでの私の業 ...

政党の統廃合、議員の会派離脱などがニュースを騒がしている昨今。裏切りとか不義理とか、散々横行しているようです。自分の信念を捻じ曲げなければ賛同できないような組織からは抜け出して良いとは思います。私も、これまでの仕事で、会社都合退職、自営廃業と色々経験して ...

自営業時代の負の遺産で、私に対して数十万円の未払い金がある占い関係の企業の経営者に支払いの催促メールをしたところ、「現場は疲弊気味ではありますが、何とか改善の兆しは見えております」とか、しおらしい返信が来ました。その翌朝Facebookにて、その経営者が、複数名 ...

先週から企業で働いています。組織が複雑だと、自分の割り当てられたパソコン端末から印刷設定するにも様々な人との調整が必要で、入社数日後、自分が打った文章が初めて紙に出力されたときは半ば感動しました。グーテンベルクは偉大だった・・・。こんな感じで新しい環境か ...

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という言葉があります。2年半に渡るフリーランス生活に幕を閉じ、就職してしまいました。幸い借金は全くないのですが、この状況、負けと言えば負けでございます。ここらへんできちんと、リフレクションをしつつ、読者の誰 ...

↑このページのトップヘ