魔術師ダッチの人生放浪日記

ベンチャー企業北京支社の20代管理職⇒プロ無職⇒プロ占い師⇒普通な魔術師。他人の仕事運、旅行運、恋愛運を占いながら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。

カテゴリ:マネー

昨年ぐらいのハワイアンパンケーキブームに始まり、今年はポケットモンスターサン&ムーンの舞台がハワイとあって、まだまだ南の島ブームは終わりそうにありません。ところで、南の島というと、ここ数年どうもITフリーランスの方々の顔を思い浮かべてしまうのですよ。個人的 ...

数年前、私は駐在員として中国に住んでいた時、同世代の日本人の平均年収と比較したとき、給料は上でした。とはいえ、全てが万々歳でもありません。中国語をまともに勉強していない状態で現地に住み始めたので、中々「友達」とやらが作りにくい状態だったのです。仮に言葉が ...

先日、占いをひととおりやり終わったお客さんより、「今の会社を辞めて起業に挑戦したいと思っている。占いはまた別問題として、貴方個人としてはどう思う?」と質問を受けました。その他、本人の状況は下記のとおり。・同世代の平均年収をやや上回る大手企業勤めで、勤め先 ...

パーティーに行き、魔術師(占い師)という職業を名乗ると、色々な人が食いつきます。そして、高い確率で「占ってほしい」と言ってくる人が出現します。その言葉には「今この場で、無料で」というニュアンスが含まれます。この状況について、どう対処するかは、中々難しい問 ...

4月から火曜日だけ吉祥寺の小さな占いの館で働かせて貰っています。実のところ、鑑定士として雇われているというより、特定の日だけを日割りの家賃を支払って間借りさせて頂いている状態です。営業日は店に自分一人だけの状態なので、一日店長とも言えそうな感じですね。店舗 ...

貧乏生活を続けて、結構経ちます。まあ、時々電話を止められたり、家賃の催促におびえたりしている人の姿を間近で見てきた経験はあるので、現状支払いの遅滞がなく、奨学金・ローン等含めた借金をしていない自分はまだマシなのかなとは思っております。さて、そんなときに思 ...

世の中には貧乏自慢、もしくは、赤字だと騒いでいる人がいます。一時期は私もその部類でしたし、今も去年のこの時期に比べるとマシにはなっているものの、家計は同い年の平均年収に比べればまだまだ低い部類で、貰い物によって人並みの生活になっているかならないかの状況で ...

近頃、「note」を使って、有料記事の執筆がブームになりつつあります。無料で様々な情報が気軽に手に入れられる時代、中々面白い挑戦だと思いますよ。まあ十中八九、有名人以外はまるで稼げないとは思いますから、弱小ブロガーは変に夢見て腐らないことです。私も言葉や文章 ...

↑このページのトップヘ