魔術師ダッチの人生放浪日記

ベンチャー企業北京支社の20代管理職⇒プロ無職⇒プロ占い師⇒普通な魔術師。他人の仕事運、旅行運、恋愛運を占いながら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。

カテゴリ:運命学

自分にとって、人生最高の日がいつか分かったら、どうしますでしょうか?一応、占い師ということですので、自分の運勢は頻繁に確認しているのですよ。そして、2016年12月23日。私が占星術をやり始めて、人生最高の日である相が出ていました。実のところ、この日を目標にここ ...

どこかの国のお偉いさんが、占い師に操られていたということで大々的に報道されています。歴史的に言えば、占いとまつりごと(政治)は密接に関りがあった訳で、古代中国(殷王室)では亀の甲羅のひび割れ具合から政治を占うという伝承があったり、日本でも京都やら江戸は風 ...

アニメ版映画『時をかける少女』が、舞台となった東京国立博物館で、野外上映されました。博物館の入場チケットを買うだけで30分も並ぶほどの盛況っぷりです。このアニメに限らず、『僕だけがいない街』『Re:ゼロから始める異世界生活』『ReLIFE』など、直近の時遡る系アニメ ...

2011年の東日本大震災を警告したと言われ、2016年4月15日に再来するとネット掲示板に書き込んだ2058年の未来人原田氏。4月15日の前後に熊本地震が起きました。4月15日の書き込みには5月17日にまた来るとあり、一部のネットユーザーはパニックになっていました。※ただし、5月 ...

最近密かに手相の勉強をしていたのですが、そろそろ頃合いかと思いますので、こちらを使って鑑定していきたいと思います。とはいえ、私の手相の知識・実績レベルは、「昔の人がそういっていたから、偉い先生がよくそう言っていたから、この相の人はこうなる」という程度のも ...

最近、広告を打ったためか、問い合わせの数が少し増えました。ただ、あえてはっきりと申し上げるのであるならば、「良くない客」の問い合わせも増えているのが現状です。いえ、客とも言えないかもしれません。例えば、「AとBどちらを選べばいいでしょう?」と質問する方がい ...

年末年始になると、本屋では、手帳やカレンダーコーナーが賑わいます。そして、占い本のコーナーに、下記写真のような本が並んでいるのをみたことがありませんか?通称、「暦本(こよみぼん)」とか「高島暦(たかしまれき)」と呼ばれています。高島暦は、大安、土用、一粒 ...

2005年、大学一年の入学したてのとき、私は自分でも気づかぬうちに、宗教団体のセミナーに1か月通っていました。早稲田大学のオリエンテーションの前日、大学近くを歩いていると「ゼミの説明があるから来てみないか?」と声を掛けられ、蕎麦屋の二階に連れて行かれ説明を受 ...

↑このページのトップヘ