魔術師ダッチの人生放浪日記

ベンチャー企業北京支社の20代管理職⇒プロ無職⇒プロ占い師⇒普通な魔術師。他人の仕事運、旅行運、恋愛運を占いながら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。

カテゴリ:恋愛・結婚

プロとしては活動を辞めていますが、今でも時折、知り合い限定で相談にのっている元占い師です。最近見たとあるツイート、激しく同意でした。モテコンサル女の実態👩「イメチェン完璧ですね。これですぐにでも彼女できますよ。」👴「ほんとですか?そんなにイケてますか?」 ...

私はどちらかというと、情報感度が低く、変化には疎いタイプです。どれぐらい疎いかといえば、2011年にリリースされ今ではインフラのように使われているアプリLINEは2014年に初めて仕方なくインストールしましたし、Twitterも未だにどこがいいのかよく分からないので情報収集 ...

先日、パソコンのハードディスクの容量が残り100Gをきったので、半日がかりでデータ整理をしてました。そのときに、昔ダウンロードしていたゲームとか昔作成したドキュメントとか、懐かしいものが色々出てきました。ところで、本棚を整理すると、発掘した漫画とかアルバムを ...

50歳を超えた子持ちマダムが自分の性癖を暴露してネットの賞賛を集めたり、20代の4割が童貞という話が飛び交ったりしている昨今ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。さて、ここで問題です。一般的な市場に出ている占い師にとって、一番金払いの良い客とは、どんなタイプ ...

「春売りまーす、春お買いなされー」10年以上前にNHKの時代物ラジオドラマで、遊女がそんな感じで客引きしているのが、未だ耳に残っています。さて、本日3月3日に、吉原で耽美なイベントが行われるとのことで、行って参りました。吉原というのは、現在の東京都台東区千束四丁 ...

最近、SNS上で「夫婦同姓-別姓を選べる社会にするため-私たちの訴訟を応援してください」という企画への賛同を促すリンクが多数シェアされています。個人的には、夫婦別姓問題そのものは、直接的に差し迫った問題ではないので、どっちでも良いと思う派ですが、正直なところ、 ...

先日、「ダメ男ばかりに好かれてしまう」とのことで女友達の相談にのりました。ダメ男の見分け方というのは確かにいくつかはあるものの、擬態が上手ければ、深い仲になるまで見つけることは困難です。また、何を持ってダメ男なのかというのも人によって違ってきます。という ...

最近の私は、勉強で忙しく、時間的体力的に異性を好きになる余裕がありません。ただ、似たような境遇でも、恋愛できる人はできるものです。高校時代、恋人といちゃつきながらも大学受験を突破するツワモノはいたでしょう。就職活動中という将来が不確定な時期でも、会社説明 ...

↑このページのトップヘ