魔術師ダッチの人生放浪日記

ベンチャー企業北京支社の20代管理職⇒プロ無職⇒プロ占い師⇒普通な魔術師。他人の仕事運、旅行運、恋愛運を占いながら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。

カテゴリ:魔術論

プロ占い師をしているときに、とある知人から、「新しい恋人ができたんだけど、今度お金払うから二人の将来を占ってくれない?」と言われました。普通に考えれば良い商談なので、「了解。いつやろうか?」と返答すべきなんですが、具体的な占う日の調整を避けていました。何 ...

シェローム。ヘブライ語でこんにちは、という意味らしいです。またまたイスラエルの現地で厄介なことに巻き込まれて身動きが取れないのですが、wifiと時間には恵まれていますので、ブログ更新です。本日はエルサレムの重要ポイントについて。実のところ、 エルサエムは路面電 ...

表題のとおり、職業魔術師を辞めることに致しました。その理由を端的にいえば、開業前に職業魔術師になることを躊躇させた3つの問題に対し、ポジティブな回答を見いだせなかったからです。関連記事:私が魔術師になるのを拒絶した理由開業前に解決しておけよと突っ込みを入れ ...

占い師というのは、プロとアマチュアの境目が曖昧な仕事であり、たとえアマチュアであっても驚異的な的中率を誇る人もあれば、逆にプロなのにちょっとという方もいます。今回は、的中率とか技術面はさておきとして、プロに向いている占い師について、まとめてみましょう。  ...

ここ数年、スピリチュアル・占い業界に足を突っ込み、周りの諸先輩方や事業者の人達と話をしてきました。職業占い師として見たときのこの業界の雑感をまとめてみたいと思います。  ...

他人の思想にあれこれ言うことではないとは承知していますが、何というか、占い師ってやや左翼的な思想の人が多いように感じられます。例外として、神社関係者や歴史と伝統を重んじる東洋占術の使い手はやや右翼的な感じはしますが、その他の人たちは政治の話をすると政権に ...

「秘術・とても強烈な木星のアスペクト」という西洋占星術に関わる記事をずっと前に書いたのですが、この記事が当ブログ内で常に上位に来ています。色々な占い師さん、スピリチュアリストさん、ヒーラーさん、占い師を志している人からのアクセスがあるのでしょう。たまには ...

↑このページのトップヘ