魔術師ダッチの人生放浪日記

ベンチャー企業北京支社の20代管理職⇒プロ無職⇒魔術師。他人の仕事運、旅行運、恋愛運を占いながら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。

カテゴリ:フィリピン

最近、諸事情あってフィリピン人と雑談する機会に恵まれました。こういう機会があるとき、この言葉を知っているとフィリピン人から少しだけ尊敬されるというか良い意味で驚かれる言葉はあります。今回はそれをご紹介したいと思います。例えばですが、挨拶程度しか日本語を知 ...

私がY嬢と知り合ったのは、フィリピンに留学しているときでした。当時、私が趣味として占いをやっていたのを聞きつけ、相談に来たのです。失礼ながら、日本人留学生であるY嬢を一目見た瞬間に思い浮かんだ言葉は、平塚らいてうの「元始、女性は実に太陽であつた。真正の人で ...

日本は、比較的衛生観念の強い国だと言われています。一方でアジア諸国を放浪すると、あまりの衛生観念の格差のため、眉を顰めたり、場合によっては腹を壊したりする日本人も出てきます。確かに、この一般論というのは、現時点では正しいことが多いようです。しかし、必ずし ...

フィリピンというのは、実に恵まれた国です。英語話者数ですと、世界の中でも上位に食い込みます。アジアでは、インドに次ぐ英語大国。そして、形式上英語が国際語となっている現在、これは大きなアドバンテージになります。外資が参入しやすく、また多くのNPOも活動しやすい ...

12月といえばクリスマスシーズン。繁華街の装飾も煌びやかです。しかし、日本と違い、本場のキリスト教圏の国々は、クリスマスのに対する情熱が段違いです。特にフィリピンの場合、その情熱に圧倒されるでしょう。 ...

この写真は、海外のお祭の風景です。屋台が並んでおり、楽しそうですね。驚くべきことは、この祭りの開催場所は「墓地」だというでしょう。キリスト教文化圏では、ハロウィンを祝う風習がありますが、これは日本のお盆と似ています。死者が戻ってくるので、みんなで出迎えよ ...

前回の記事:赴任を解かれた後、何故自分の金で中国に戻ったか退職前に、非会社社会に生きる人との再会の旅。東ティモールへ1年前の今日、私はフィリピンへ英語の語学留学に出発しました。なぜフィリピン留学をしようと思ったのか少し説明しましょう。話は2年前の北京駐在時 ...

フィリピン留学に行ったけど、点数が伸びなかった人は実は沢山います。中には、大学受験でもしているのかというほど、一日中真面目に勉強ばかりしている人もいましたが、成績があまり伸びず、徒労に終わったケースもありました。私も留学中、一時期点数が伸び悩む時期があり ...

↑このページのトップヘ