魔術師ダッチの人生放浪日記

ベンチャー企業北京支社の20代管理職⇒プロ無職⇒プロ占い師⇒普通な魔術師。他人の仕事運、旅行運、恋愛運を占いながら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。

カテゴリ:ボランティア・非営利団体

非営利組織を運営する際、立ち上げ期の最初だけ顔を見せて、数か月後に消えちゃう人がいます。スタートアップのお祭り騒ぎの時期、炎上期だけ加担して、物珍しさがなくなる頃にはいないのです。心の中で私は「炎の人」と呼んでいます。ぶっちゃけた話をしますと、長い期間踏 ...

昨今話題になっていることのひとつに、東京オリンピックのボランティア問題があります。大体争点になっているのは、次のポイントです。・猛暑地獄の中、活動するということ。・数日間に渡って、活動しなければいけないということ。・営利活動の枠組みの中である筈なのに、無 ...

副業とか、複業とか叫ばれ始めているこの時代、「パラレルキャリア」という言葉があるのをご存知でしょうか?そもそも、キャリアとは何かという話ですが、厚生労働省の定義では『時間的持続性ないしは継続性を持った概念』とされています。一般的には、「職業として中長期的 ...

時々、何かしらのイベントの幹事側に立つ身としては、何故こんな面倒くさいことをしているのかと思うのですよ。幹事をすることのデメリットは次の通りです。・逃げられない・赤字のリスクと隣り合わせ・調整の為のコミュニケーションが面倒・その他、全体を見て、細かいとこ ...

私が他人の家にお邪魔するときに必ずみるものは、「本棚」です。家主が、わざわざ金を払ってまでどんな知識や娯楽に触れたいのかが、一目瞭然だからです。ところで、2017年11月16,17日に電通本社ビルで「よりぬき古本市」というイベントがありました。このイベント、電通社 ...

自営業時代の前職、報酬の支払いが滞っている取引先の企業があり、定期的に連絡しているのですが、先方はここ半年沈黙したままです。最近内容証明郵便を送りましたが、このまま反応が無ければ、ぼちぼち訴えてやろうと思っている今日この頃でございます。さてさて、先日、プ ...

この数年間、色々な団体を垣間見てきたのですが、特に運営の主体が一定以上の年齢になっている組織は、若者が足りないということに頭を抱えていることが多くあります。こんなに素晴らしいアウトプットをしているにも関わらず何故若者が来ないのだ、また時折一時的にイベント ...

この1か月で、次のようなイベントに参加して、普通じゃない人の生き方について探究してみました。「異端」の哲学 -常識への挑戦と社会の牽引- 平成29年度 東京大学五月祭 特別企画  by東大ドリームネット第4回 N P O全世代フォーラム 若者は『日本の不定芽』か?  by N ...

↑このページのトップヘ