魔術師ダッチの人生放浪日記

ベンチャー企業北京支社の20代管理職⇒プロ無職⇒魔術師。他人の仕事運、旅行運、恋愛運を占いながら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。

カテゴリ:組織・人間関係

社会人になると友達が増えない、出会いがないと結構嘆いている人多いんですよね。そのためか先日書いた「ぼっちの流儀・友達がいない人の特徴」という記事が地味に好評なので、その続編を書いてみようかと思います。題して、「内気な社会人のための正しい友だちの作り方」で ...

最近、私のFacebook友達の数がきりのいい数になりました。そういうこともあり、今回の記事のテーマは、友達がいない人、すなわち「ぼっち」の特徴について。ぼっちあるあるを3つピックアップしてみました。そして、そんなぼっちの人たちへの接し方にも言及してみます。  ...

私の手相には「反抗線」というものがあります。小指の下には感情線がありますが、さらにその下にある、手の外側から掌にかけて伸びているような線です。手相芸人の島田秀平氏は「あやまりま線」とこの線を命名しています。 別に私、反抗的という訳でもなければ、謝らないと ...

突然ですが、私はヤマタノオロチという怪物に奇妙な感情を覚えます。ヤマタノオロチというのは古事記に出てくる、怪物です。古事記の内容をざっくり要約するとこんな感じです。↓スサノオノミコト(須佐之男命)が川の上流に向かって歩いていると、美しい娘を間に老夫婦が泣 ...

「優しい」とは何かと考えると、意外と難しいのではないかと思います。例えば、雨の中、段ボール箱に捨てられた子猫に傘を差してあげること。風邪で体調が悪い友達に「大丈夫?」と声をかけてあげること。飲み会でサラダをみんなの皿に取り分けること。レジャー施設にてきび ...

最近、私の周りの界隈では、悪徳スピリチュアルが絶賛流行中です。全く関係性のない複数の人がそんな状況で、本当に見ておれない。それに、そんなのが流行りまくっていると、私を含め、スピリチュアルでも真っ当な部類の人まで迷惑をこうむってしまい 、商売あがったりです ...

数年前、私は駐在員として中国に住んでいた時、同世代の日本人の平均年収と比較したとき、給料は上でした。とはいえ、全てが万々歳でもありません。中国語をまともに勉強していない状態で現地に住み始めたので、中々「友達」とやらが作りにくい状態だったのです。仮に言葉が ...

占い師という仕事をしている訳ですが、パーティーとかに行き、職業を言うと女子が群がります。手相だけはタダで見ているので、簡易的に見ます。ただ、簡易鑑定が終わると女子たちはサッと消えてしまいます。世間話ぐらいしようよ、というよりせめて名を名乗れよという感じで ...

↑このページのトップヘ