魔術師ダッチの人生放浪日記

ベンチャー企業北京支社の20代管理職⇒プロ無職⇒魔術師。他人の仕事運、旅行運、恋愛運を占いながら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。

カテゴリ:西洋占星学

西洋占星術で株を儲けられるか、実験中ですが、今のところ、高い精度で当たるのではないかなと、考えております。 お恥ずかしながら、2015年はチャイナショックによる影響を見逃していたのと、半ばやけっぱちになっていたため、赤字を出していたのですが、2016年は、売買 ...

自分にとって、人生最高の日がいつか分かったら、どうしますでしょうか?一応、占い師ということですので、自分の運勢は頻繁に確認しているのですよ。そして、2016年12月23日。私が占星術をやり始めて、人生最高の日である相が出ていました。実のところ、この日を目標にここ ...

結構な数の人々を鑑定して思ったのは、恋愛に関して、不遇とも思えるような人というのは、第5ハウスがとにかく汚いということです。特に火星と土星の両方がここに入っている人は、仮に西洋占星術などの占いを使わずとも、会って少し話すだけで、何かしらの違和感を感じさせま ...

西洋占星術では12星座(12サイン)を4つのグループに分類することがあります。まず、それぞれに区分される星座とその特徴を簡潔にまとめてみると以下のようになります。火属性(ファイアーエレメント)牡羊座、獅子座、射手座一般的に勢いがあり、好奇心に忠実土属性(アース ...

スピリチュアルの記事を見ると、2016年の9月から運気が変わるということがよく書かれています。これはいったい、どういう意味なのでしょうか?端的に言えば、「地球から見える木星の方向が変わった」ということを意味します。占星術用語では「木星が天秤座へ移行した」と表現 ...

週間女性PRIMEの記事によれば、アメリカのコロンビア大学が30年間に28年間170万人のデータを基に、生まれ月と病気の相関性について研究論文を発表しているとのことです。記事と論文が正確であるならば、中々興味深い統計だと言えます。ところで西洋占星術も、統計学と言われ ...

このところ、個人的に色々大変でした。1年以上続けてきた某居酒屋での仕事が打ち切りになったと思えば、WEBを利用した全く新しいことを始めたり、占いの学校でイベントの企画を依頼されて実質的に中心になって進めたりと。これ、西洋占星術的には、まあそういう時期なんだな ...

お盆ということで、青森の実家に帰っています。東京と違って、こちらの気候は大分涼しいです。 さて、実家に戻ると幼い頃の文章とか、色々懐かしいものに触れる機会があるのですが、今回、たまたま触れる機会があったのは「母子手帳」。そして、改めて、覗いてみると衝撃の ...

↑このページのトップヘ