個人的な抱負でもたまには書いてみましょう。今年の目標は、ずばり友達を減らすことです。言い換えれば、数より質を取りたいということで、付き合うべき人、じっくり向き合うべき人にきちんと時間をかけようということであります。

昨年も沢山の人と出会い、LINEやFacebookのアカウント情報を交換しました。ただ、一時的な飲み会のノリで連絡先を交換したものの、関係性が深まらない関係となった人は、沢山います。その基準というのを整理してみました。

TAKEBE160224500I9A0536_TP_V


◆今後付き合いを継続していく上で、当てはまりすぎると考えてしまう項目

人にはスタンス等ありますから4個ぐらいまでなら結構当てはまる人は多く、問題はないでしょう。しかし4~5個以上となると今後お付き合いを続けていくべきか考えてしまいます。そもそもそういうのって、友達と言えるのか?

★単純に疎遠
・三年以上連絡を取っていない
・一生のうち、今後どこかですれ違う可能性を思いつけない
・会話した内容を全く覚えていない
・顔と名前が一致するかそもそも怪しい
・今後、こちらから何かにお誘いしようとは何となく思えない

★相手の性格や行動に問題
・性格に難あり、もしくはどうも合わない
・反社会的もしくはマルチまがいに従事した仕事、あるいは執拗にその他営業をかけてくる
・こちらが困ったとき、相手がその困った分野に通じていても、相談するのに抵抗がある
・こちら側が頼られているけど、明らかに分が悪すぎ、程度を超えている
・明らかに場のマナーとして微妙なコミュニケーションを連発している

★多分、相手に好かれてなく、こちらのモチベーションダウン
・LINEやFacebookのアカウントがアクティブでも全然交流が発生しない
(それか、こちらが一方的にいいね等アクションを起こしているが向こうからは反応なし)
・4回連続会う約束の日程調整がうまくいかなかった


まあ、こちらが好き勝手言ったとしても、向こうからこちらを選ぶということも非常に大きいのですけどもね。とりあえず、そういう人ばかり周りに抱え過ぎていると、大事なものを見失ってくると思います。ちなみに誤解が無いように言えば、友だち?を増やさないという訳では無い。



おいおい、あんま気安くすんなよ友達なのかと思っちゃうだろ。

自称・ぼっちマイスター、比企谷八幡