写真はうちの実家の座敷です。年末年始ということで、ここ数年では珍しく年末年始に実家に帰省しております。個人的なこの1年は、魔術師業の後片付け、および新しい業界でのお仕事とその勉強に費やすこととなりました。

IMG_20171230_105425


西洋占星術的には、私の星回りからするとトランジット木星が第7ハウスを通過する1年でした。この相の正確な意味は「1対1で何かに対峙する」というものです。普通だと、それは男女仲のパートナーと1対1のペアとなり向き合うということから、その期間はある意味の婚期だとされています。しかし、向き合うのは、必ずしもスィートな相手とは限らない訳で、敵だったり、そもそも人間じゃない物事だったりすることもありえます。



私の場合は、前職の清算や新しい専門知識取得という困難さと対峙することとなりました。ただ、通過したのはあくまでも幸運の星「木星」ということもあり、散々苦労はしましたが、何とか良い結果は出せました。残念ながら、そっちにエネルギーを取られ過ぎて、結婚に関してはさっぱりでしたが。。。

厳密に言えば、確定申告をもって、完全に清算終了となりますので、まだすべての手続き処理が終わっていないのですが、私に限って言えば、人生の方向転換には、ほぼ1年かかりました。人間、本気で変革を目指すとそのくらいはかかるのかもしれないですね。。。

個人的な来年の運勢は、木星が第8ハウスを通過する年。自己の変容、他人の財産、神秘など、キーワードだけ普通に並べると意味不明な年です。でも、多分、私にとってはいい年にはなりそうではあります。西洋占星術で木星の周期は12年サイクルな訳ですが、激動の私の人生の中でも12年前の私は何だかんだで良い日々を送っていたと思います。基本、ネガティブ思考の私ですが、来年に関しては珍しくポジティブな感じです。

ほそぼそと更新を続けていくつもりですが、今後ともよろしくお願いいたします。