network-cables-494648_640


最近、ブログの更新頻度が下がっているのですが、何をしているかというと、資格試験のために勉強しています。ネットワーク系の資格なのですが、問題文を読んでも、解説文を読んでも何を書いているのかよく分からないです。どのぐらい意味不明かというと、例えばこんな感じです・・・。

IPP(IP Precedence)はRFC 791で定義されたマーキングで、ToSフィールドの先頭3ビットを使用し、8つ(2進数で000-111)の優先度しか表現できません。DSCPではToSフィールドの先頭6ビットを使用するようになり、優先度の表現が64(2進数で000000-111111)まで出来るようになったことでより細かい分類、マーキングができるようになりました。
IPPしか扱えない機器でもDSCPで設定した値を適切に扱えるように、DSCPにCS(Class Selector)という既知の値が定義されました。
                                  pint-tより引用

IPP? RFC791? マーキング? Tosフィールド? 先頭3ビット? 2進法での8や64の表現? DSCP?
分類やマーキングした際に何がどう変わり、どういう意味がある?
DSCPで設定した値を適切に扱うとは、つまりどういうこと?

あまりにも分からないものだらけで、知的さで定評のある私でも、参考書を前にして意識を失ってしまいます。今月は、照明を消さずに寝てしまった日の方が多いです。

ついでにいうと参考書も分厚くて重たく、勉強しづらい。満員電車の中で読めるような代物ではありません。というか、つり革片手で持つ重さではないです。仕方ないので、スマホのアプリ問題集をやっています。

合格ラインは8割らしいのですが、問題集で7割ぐらい点をとれるから本番の幸運で何とかなるだろうと思って、先ほど試験を受けてきたものの、正答率6割で不合格。何とかなりませんでした。という訳で、合格するまで、もうしばらく勉強が続きます。

時折来る、占いの依頼対応を除いて、最近は行動を制限しているので、ブログの更新は来月後半まで週1ぐらいになるかと思いますが、よろしくお願いいたします。