先日、転職して以来、初めて給料が振り込まれました。労働契約の額面通り、交通費等の清算分も追加され、契約された規定通りに。契約なので、当たり前と言ってしまえば当たり前なのですが、これがどんなにありがたいことか。

回転ずし

あまりにも嬉しすぎて、回転寿司で様々な色の皿を躊躇なく手に取ってしまったほどです。というのも、私は企業不信だったのですよ。




新卒で入社した会社では、結果的に会社都合退職となりました。リストラにはそれなりの事情が無ければなりませんが、私の場合は経営不振が理由です。新卒入社1年目の後半から退職するまでのほとんどの期間、事前告知はあったとはいえ、基本的に給料カットされていました。というか、毎月当たり前のように会社存亡の危機だったので、半年後、自分はこの会社に在籍しているのか、そもそも半年後もこの会社は存在しているのかと、常に悩まされている状態でした。

中国から帰任したときの面談で、会社都合退職を選ぶか、管理部門系の部署に入るか選べと言われましたが、こんな状況だと、迷わず退職を選びますわ。昇給制度が実質破たんしていましたので、海外赴任手当が無くなると、給与カットの影響で入社1年目よりも年間総支給額が減る見込みでしたので・・・。いずれにせよ初めてのサラリーマン生活では、様々な経験をさせて貰いましたね。


その後、自営業を開始しました。とにかく、収入が安定しません。お客さんが来なければ、収入0どころか、設備投資費のため赤字です。つまり、自分の生活費だけでなく設備投資費のための出費により、貯金がどんどん減っていきます。自分の最低限の生活を維持するための損益分岐点は1日あたり5500円でしたが、毎日がヒヤヒヤの状態です。昨日は収入0だったけど、今日は16000円稼いだので、平均すればこれであと1日は収入0でもなんとかなるとか、そんなことばかり考えていました。ちなみに収入が0だからといって、その日、仕事をしていないとは限りません。何かのプロジェクトで打ち合わせするのも立派な仕事ですし、企画書を作るのも仕事です。しかし、結局お金を払って貰わない限りは収入は0円です。フリーランスをこき使いたい方はご配慮を。

収入が不安定なので、お客が少ない昼間は、占いに関わる法人の業務を手伝いました。安定してお仕事を貰えたので、ありがたかったのですが、非常に残念ながら報酬の支払いの方は安定しておりませんでした。以前にもどこかの記事で書いたとおり、空気的に完全にダメだと思っていたし、自分の占いも即刻辞めろと何度もアラートが出ていましたが、それでも情けで続けてしまった次第です。今なお馬鹿にできない額の未払いがあり、その債権回収をどのようにしようか頭を悩ませております。


という訳で、個人であろうが、法人であろうが、ビジネスの場では、お金を支払ってもらうまで相手をどこか信用できなくなっておりました。この春転職して企業勤めすることになった訳ですが、内定通知書を貰っても、具体的な初出社日が確定するまでは、怖くてリクナビやDODA等の転職ナビを解約できなかったですし、規定日に規定額の数字が通帳に刻印されるその瞬間まで、本当に給料を支払ってくれのか全く安堵できませんでした。その職場が、どんなにいい意味で知名度があって、財務諸表も悪くはなく、経営や人事労務の人が信頼できそうな雰囲気を出しまくっていたとしてもです。

さて、いざ印字された通帳を前にして。研修とかで売り上げに確実に貢献していない日もあったのですが、その日の分の給料も発生している訳で、半ば感動すらしました。モチベーションによってクオリティを落とすのはプロ失格ですので、今までも仕事で(悪い意味で)手を抜くことはしてきませんでしたが、ようやくこの会社の仕事を頑張るぞと思えるようになりました。


自営業であっても、サラリーマンであっても、約束を果たされないことこそ、屈辱です。そして、いかなる立場であっても「安定」という言葉を私は全く信用しません。強いて言うならば、安定とは世間に認められ続けるように、高い能力を磨きつつ、常に活躍することです。