占い師辞めて、何をするかと言えば、ネットワーク系の営業やります。いや、誤解しないで下さい。ネットワークビジネスとかそういう怪しい類のものでは無いです。ITネットワーク関係の技術営業をやります。セキュリティとかに関わってくるので、むしろ、そういう怪しい人達の反対です。

network
業務形態ですが、会社員です。派遣という扱いになるのですが、一応技術派遣ではあるので、一般的な業種の派遣社員とは違い、一人暮らしでも充分にやっていける給料ですし、インフラ系技術の場合、私は未経験なのですが、未経験の割には総合的に高く評価していただけました。また、派遣元には雇用されている状態なので、派遣先が決まっていない状態でも給与が出ないということはありません。ではでは、何故そんな感じの仕事を選んだかということです。

【1】技術者の2つの流れの中で

元々、職業訓練で勉強したり、WEBサービスを運営したりするなどIT系技術には関心が高かったのですよ。さて、IT系エンジニアには大きく分けると2つの系統があります。アプリエンジニアとインフラエンジニアです。

前者の場合は、WEBサイトの作成とか様々なソフトウェアの開発などがメインの業務になります。一般の方々が思うキラキラしているITサービスのエンジニア達はこちらの部類です。しかし、今の時代、情報とかエンターテイメントとか便利なサービスはみんなタダになって、競合がひしめいております。特にWEB系やスマホアプリ系の場合、どこの会社もマネタイズにはかなり苦労しているのですよ。実は何社か、そっちの方の会社にも面接に行ったのですが、もっと売り上げが上がる革新的なアイディアはないの?と、血眼になって追及されました。IoT(WEBサービス等の無形なものではなく、機械など有形のものに関わるIT技術)に関わるソフトウェアならまた状況は違うのでしょうがね。

一方で、インフラエンジニアというのは、サーバーとかネットワークとか、一般ユーザーが普段はあまり気にしない、地味な領域です。しかし、ITサービス競争が過熱すればするほど、インフラ技術者の需要は増えます。個人的には調べれば調べるほど、技術者として手堅く収益を得るには、こちらを選ばない理由がないように感じられました。

【2】技術派遣という働き方

新卒で入った会社にリストラされることで、終身雇用制度が崩れたと叫ばれるこの時代を身をもって体験した私としては、会社という存在に不信感を持ってしまったのは否めません。頼りになるのは、手元に残った技術だけでした。

技術派遣というのは、基本的に技術スキルアップを推奨しています。資格習得にも奨励金が出る場合が多いですし、ちゃんとした会社ならば研修制度もあるでしょう。最悪、会社が潰れても頼りになるものが残ります。それと、最初こそ、転職するなら非派遣型の正社員とも考えたのですが、派遣だと転勤の有無はある程度まではコントロールできるのですよ。大企業の普通の正社員って、来年同じ桜の花が見られるのかと、人事異動に毎年びくついていますからね。

デメリットがあるとすれば、顔合わせという名の事実上の面接を咬ませないと、お仕事できないということですね。とはいえ、ただの転職エージェントとは違い、派遣元の会社の営業担当が、面接顔合わせに同行してくれますので、素の転職活動よりは精神的にも成功確率的にも助かります。


【3】ちなみに占いでは・・・

何故、この時期にというと、占いによれば、この時期の運気が良かったからです。運気が悪い時期って、逃げたくなることが増えるのですが、そんな時期に転職活動をしようとしたって碌な結果になりません。むしろ運気が良いときだからこそ、動くべきときなのです。

それとですが、西洋占星術によれば2018年に天王星が牡牛座に移動します。変化とか電気とかITあたりを意味する天王星が、お金とか有形資産とかインフラとかに関わる牡牛座に影響を与えるというのです。ピュアな解釈としては、今しがた述べたとおりなのですが、つまるところ、2018年以降ITインフラ業界がフィーバーするのではないか・・・と思っております。


・・・という訳で新天地で頑張ってみます。引き続き、東京在住です。そして、しばらくは技術資格習得にも追われそうですね。