タイトルの通りなのですが、頭の弱い人はスピリチュアルに関わっちゃダメだと最近、物凄く思います。この場合の頭が弱いというのは「自分の脳みそで考えるのを放棄してしまいがち」ということです。こういう人たちは簡単に洗脳されてしまうので、危険極まりないのです。

私も、うっかり人を洗脳してしまわないように、細心の注意は払っていますし、月に2回以上くるお客さんは違う内容の質問で無い限り鑑定を受け付けないようにしています。

bottle-956180_640


洗脳されやすい人というのは本当に憐れです。占い関係の会合で何度も顔を合わせていた知人が、重度の悪徳スピリチュアルに洗脳されていました。1時間以上かけて説得しましたが、本気で手に負えない状況であり、納得してくれないまま別れた後、LineやFacebookメッセージを送っても既読になりません。プロフ画像を変えるなどはしているので、ログインはしており、既読スルーしているのは明らかです。残念ながら私の声は一生届かないと判断し、どのぐらい重症なのか、その顛末をまとめてみました。

その知人とは占い関係の会合で何度か会いましたが、その会合が解散。Lineの連絡先は交換しており、会合があった期間はその人とはメッセージのやりとりはほぼ皆無でした。解散1か月後ぐらいから急に、向こうから絡んで来るようになり、やり取りをするようになります。

そんなある日、「130万円ありますか?」とメッセージが届きました。ちなみに私、その会合では先生と呼ばれています。占い業界だとお互いを先生と呼び合うのは不自然ではありません。

130-01

130万円が3億円だと?何やら急ぎの事情がありそうだったので、電話で軽く話を聞いてみました。
その日、どうやら彼女は、怪しげなセミナーに参加した模様。

ケイ素水素水の代理店の権利を、130万円で購入できるのだそうです。その際に某エネルギー会社の株もおまけで貰えるとのこと。2017年3月に海外の市場で上場するため、その株がやがて3億円になるということらしいです。

常識的にどう考えても胡散臭い。

しかし、その会合で何度も顔を合わせた仲間。以前、本人は騙されやすいと言っていたこともあり、今回も騙されているのだろうと思われます。放っておくのは可哀そうなので、翌朝仕事前に、会って話を聞いてみることにしました。その際に、その説明会で渡されたパンフレットも忘れずにとお願いしました。

130-02

私と会うことを、セミナー関係者にチクったんかい!
代理店を広げるための広報用のパンフを、外部者に見せられないとはどういうことか!?
株をやるのにお金目的ではいけないとは、企業理念とか商品そのものがよほど素晴らしいのか!?

翌朝出発前にネットで調べてみると、胡散臭い話が出るわ出るわ。とはいえ、WEB上にはデマや煽りが蔓延している訳で、悪意のあるユーザーが私を騙そうとしているかもしれません。インターネット怖い。という訳で、信憑性の高そうな情報を自分なりに整理し、風説に左右されない論で説得を試みました。

【1】ケイ素水素水は素晴らしいものなのか?

シリカ水とも呼ばれているこの水。100mlにつきケイ素が1.6mgも含有されており、通常の水より倍近くは多いようです。ケイ素は、ミネラルの1つであり、骨、関節、血管、皮膚、毛髪、歯、爪の生成に必要です。厚生労働省からの正式なお達しはありませんが、成人は1日に9~40mgとされています。(WEBサイトによって見解は異なる)。では、ケイ素はどんな食品に含まれているのでしょうか?

シリカ100a

こうしてみると、中々、1日40mgの摂取というのは大変そうですね。でも、こういうときにこそ、ケイ素水素の出番です。食べ物ではなく、飲料やスープとして簡単に摂取することができます。



・・・・。



・・・・・・・。



もうひとつ表がありました。



シリカ100b

ファーストフード店でフライドポテト一袋でも食べたら、1週間分ぐらいのケイ素は簡単に摂取できるのですよ。普通に暮らしていれば、わざわざ、ケイ素水素水を摂取する必要はありません。野菜とか健康に良さそうなものには、少なく含まれているので、悪徳業者からすれば数字のマジックに使えます。


【2】代理店加盟は得なのか?

この水、2リットルボトル1ダースが6800円なのだそうです。代理店加入すると、なんと定価の4割引きです。お金目的ではいけないということらしいですが、健康効果はともあれ、この水が好きだから購入するとしましょうか。その場合、代理店に加入するとお得になるのでしょうか?

130万円というのはあくまでも、代理店の権利ということであり、この状態からさらに仕入れなければならないということです。細かい計算を下記の図の通りにやると・・・。

代理店

砂漠のオアシスのごとく1本500円を超える貴重な水。自分のために1日1本ボトルを空けるペースで消費していけば、15年目から元が取れます。そこまでに費やした金額は325万円。実は、送料についてはその会社のWEBサイトのどこにも記載されていないため、ここからさらに金額が増える可能性もあります。

普通に考えて、自己消費はナンセンスでしょうね。15年間毎日飲み続けるのって、無理っす。
なお、ネットをかなり調べてみると真偽不明ですが、代理店になると毎年19ケース恒久に貰えるという特典はあるようです。その特典を使って元を取るには25年間も待っている必要がありますね。


【3】ミネラルウォーターって売れるの?

上記のとおり、自己消費のために代理店契約をするのはナンセンスです。お金が目的でないとはいえ、売らなければやっていられません。という訳で、そもそもミネラルウォーターは売れるのかという問いがあります。

一般社団法人日本ミネラルウォーター協会の調べによりますと、2015年日本人の一人当たりのミネラルウォーターの消費量は26.7リットル。これは2リットルボトル13個分(1ダース強)に相当します。

これを一人の友達に1ダースずつ売るとした場合、
325万円÷6800円=478人

つまり、478人に売らなければ元は取れません。ファンになってくれた人は、何度かリピートしてくれるかもしれませんが、この数は中々きつい。友達相手に営業するなら、よほどうまくやらないと友情にヒビが入りますからね。そのリスクを冒して売ったとしても、二束三文。単純にお金の問題で言えば、保険屋でもやった方がまだもうかります。


【4】株は頼みの綱となるか?

130万円が3億円になるということは、株価が230倍になるということ。ファーストリテイリング、ソフトバンク、ヤフーなど100倍株というものは存在するため、絶対にありえないとは言い切れないものの、それはよほどのことです。

ちなみに、現時点での東証一部、単元株価格の最高価格はキーエンス 4,387,000円(一株43,870円×100株単位)。それに対して、得体のしれない企業の株が、単元株価格が3億円になるというのは考えづらいでしょう。

ただ、それを指摘するとその知人はこう返答しました。知り合いを勧誘して代理店を増やすと株を更に貰えるので、それをトータルにして3億円となると。





・・・とまあ、こんな感じで、おかしいところを指摘したのですが、その知人は聞く耳を持たず。「理屈ではそうかもしれないけど、私は信じる」と心酔しきっています。最後には「私のお金なんだから放っておいてよ」と激怒してしまう程でした。


激怒される前に、この知人とこの怪しげな企業との出会いについて質問したところ、次のような経緯がありました。

1.知人は、引き寄せの法則と西洋占星術について語るK氏のメルマガを1年近く読んでいた。
2.K氏のメルマガには、時折O氏に関しての記事が書かれていた。
3.O氏は元々はビジネスマンだったが、現在は「意識レベル・研究家」として宇宙の真理とやら追究しており、時折サロンを開いている。
4.知人はO氏のサロンに参加し、そこでその企業の紹介を受けたのだという。


つまるところ、この知人の絶対的成功の確信は、K氏やO氏といった怪しげなスピリチュアリスト達に対する妄信に由来します。少しでも理性的に考えたら、この話はどう考えても肯定できる要素がありません。それでも怪しげなスピリチュアリストがYESと言えばYESと信じるのです。

もう一度、言います。
頭の弱い人はスピリチュアルに関わるな。
ダークサイドに堕ちたかつての会合仲間のFacebookアカウントを見ては、今でも時折ため息をつくのです。そして、上場まで2か月を切ったというのに、その会社のWEBサイトにはIPOの話は未だに上がってきません。