最近晴れて私も30歳を迎えたわけですが、そういう年齢層を対象にした三十路祭りというイベントが2017年1月29日に東京ビックサイトで開かれます。1986年4月2日~1987年4月1日生の方と、その同伴者のみが集まるのだそうです。私もそこで、占い鑑定サービスをさせてもらうことになっております。といっても、時間制限から、見られて二十数名が限界ですので、ご興味のある方は当日、会場のブースにてお早目の予約をお願いいたします。

audience-868074_640


さてさて、そんな三十路ですが、一般的にどんな悩みを抱えるものなのでしょうか?あくまでも私が相談を受けた経験を元に、ありがちなものをまとめてみました。

【1】恋愛・結婚観

特に女性は30歳というのをひとつ結婚の区切りと考える人は多いです。20代前半もしくは40代というのは「恋愛」について質問してくるお客さんは多いですが、アラサーでは「結婚」について質問することが多いです。どちらも言わんとする意味は「恋愛→結婚」なのでしょうが、言葉尻から垣間見える意識が違います。

晴れて結婚にこぎつけた女性は、マリッジブルーに関わる相談が地味に多いです。「浮気はするつもりは毛頭ないのだけど、私ってこのまま一生恋愛できないのかなー」と漏らす人が少なくありません。そして興味深いのは男性からこういう発言を聞いたことが無いのですね。この男女間の意識の差について思案してみたものの、未だ革新的な結論はありません。

あと、意外に思うことは、自分の子どもに関しての質問は、割合として少ないということです。あったとしても、子どもの将来的な資質についてぐらいか、全体運を見る際に軽めに言及する程度でしょうか。育児は、人によってノイローゼになるぐらい大変なものですが、スピリチュアルのような非合理的なものに頼るよりも、現実的に合理的に目の前のことに邁進するしかないのでしょう。ただ、40歳ぐらいになってくると子どもに関する質問は増えてきます。子どもの精神が複雑になってくるあたりから、スピリチュアルに頼りたくなるのかもしれません。それとも、幼児期の子どもに対しては、ただただその子どもの無限の可能性を信じ、幸福を願って努力するだけなのかもしれません。

【2】キャリア観

女性の場合、結婚とキャリアのバランスに悩みます。育児休業や男性の育児が叫ばれる昨今ですが、出産ではどうしても女性は仕事を続けるわけにもいかず、長期休暇なり、退職なりでキャリアの中断が迫られる訳です。法的に認められる休める権利だからと言って、それに甘んじてばかりだと職場復帰したときに同僚から白い目で見られるのも事実。男女平等を訴える人から、保育士に男性は嫌だと叫ぶ人まで、女性というのは仕事観が多様です。多様だからこそ、どう生きればいいのか自分で選択しなければならず、自由の中で混迷しています。そんな訳で、今後どうしようといった抽象的な相談が割合として増えてきます。

一方男性の場合、一部の女性のようにハウスキーパーになるという選択肢がありません。自由がない中、仕事ができるか否かという一つの尺度の下で、優劣を競う環境に常に身を置かざるを得ません。特に30代男性が仕事運を聞いてくる場合、「起業、自営業、転職」などといったキーワードが頭にかすめている人が多いようです。なぜならば、会社にやれと言われたら「YES or はい」以外の答えが認められない状況において、それらのキーワードは数少ない自分で選択できるものだからです。まあ、このあたりの質問はアラサーに限ったことではないのですが、起業に興味があると言い出すのは、無限の可能性をまだ信じられるのと社会でそこそこ活躍してきたという自負のある状態が入り混じっているお年頃という特徴でしょう。そして、30代半ば以上の男性からは「起業」という選択肢を聞かなくなります。

男女問わず、キャリアに関わる質問というのは、自分でコントロールできるものに関しての内容が多いように思います。そういった意味では、自営業者の相談というのは、自由の幅が広すぎるが故に中々奥深いです。

【3】健康

健康運に関しては、薬事法違反になるため、あまり具体的なアドバイスはできませんが、気質、体調を崩しやすい時期、医者との相性といった医者が踏み込めない領域を当たり障りなく言っています。

学生時代に、学生ばかりを占ったとき、健康について質問してくる人は滅多にいませんでした。そして、高齢になってくるとむしろ健康についての質問の割合が増えてきます。三十路というかアラサーの場合は、ポツポツと健康に関する相談が出始める時期です。



30歳ぐらいだと、質問はおおむねこんな感じです。あとは人によって、「引っ越し」に関わる質問がありますね。

そんなこんなで、三十路祭りでは、何百人だか数千人だかで一緒に乾杯!とかそういったアゲアゲ系イベントをやるようですが、そのステージの傍らでひっそり鑑定ブースを出しておりますので、悩みのある方はどうぞ。