私、どちらかというと理屈好きな性格です。それでも魔術師として占いに関する仕事をしているのですが、霊能力というものがありません。霊魂の存在を信じているかと問われれば、霊体験をしたことはあるので、信じてはいます。とはいえ、経験数でいえば片手で充分数えられる程ですし、見ようと思っても見えるということは無いので、実質零感です。そのため、霊のことに関しては、専門家とはいえず、せいぜいオカルトマニアぐらいの知識量です。

さて、先日、パーティーに参加した際、霊媒師の仕事をされている人と会う機会がありました。 せっかくなので、その人に色々話を聞いてみたのですよ。

Q.霊媒師って、どうしたらなれるのですか?
A.なりたくてなったわけではない。仕事は人の紹介でのみやっている。

Q.霊って、どんな存在なのですか?
A.神仏みたいな、超自然的な存在。

Q.霊媒師は未来が分かるのですか?
A.今の状況や過去にあったことは見えてくる。そこから未来を予測することはできる。

特に意外に思ったのは、未来予測について。全知全能の霊がいて、未来を教えてくれる訳では無いようなのです。どちらかといえば、タロットのように現状を分析することで未来をあくまでも予測するという感じなのでしょう。考えてみれば、霊と一言で言っても、いろんな霊がいる訳で、低級霊なんかが未来や宇宙の神秘なんかを知っているとは、とてもじゃないけど思えません。例えるならば、東京に住んでいる人に、同じ日本なのだから北海道にも詳しいよねと無茶ぶりしているようなものです。

他にもいろいろ話を聞いてみたのですが、私にとっては、よく分からないものは分からないといったところでした。その方は、私の知人の界隈では、本物だと信じている人が少なくないので、そういった証言を信じるのであれば多分そうなんでしょう。もし、私宛にお祓いしてくださいと依頼があれば、多分、その人を紹介することを選択肢にいれるかもしれないし、いれないかもしれない。

AMI85_nemurerumorigirl_TP_V


私、占星術とかタロットとか使う怪しい仕事をしている訳ですが、正直なところ、スピリチュアル関係の同業者たちが言うような、前世とかオーラとか、よく分からないのですよ。例え占いであったとしても、自分があまり使わない占術、メカニズムが分からない占術に関しては、盲目的に信じるということはしないですね。かといって、明らかに誤りだと証明された訳でもないので、否定するつもりもありません。身をもって体験していないから、自信をもって肯定できない、ただそれだけなのです。

とはいえ、体験すれば良いってものでもないですね。例えば、薬。むやみにそこらに転がっている錠剤を呑む人はいません。効能が何かもよく分かりませんし、ひょっとしたら毒かもしれないのです。よく分からないまま試しに呑んでみて、この薬が効いたとかは普通考えませんよね。一方で、とりあえず呑んでみる場合というのは、信用できる医者や薬剤師が勧めたときでしょう。

スピリチュアルな人たちも薬のようなものですね。巷には確かに眉唾なスピリチュアルも溢れている訳でして、下手に悪徳スピリチュアルに嵌るとかえって不幸になります。逆に良い人にあたると、人生が良い方向へと向かうでしょう。なんでも試してみるというのは、危険を伴うのかもしれませんが、こういうものを試してみるときは、極力信用できそうな人を選んだ方が良いのです。

かくいう私ですが、スピリチュアルに対して身構えながらも、占星術とかタロットとかを依然としてやっている訳です。この自分自身の行為については、経験則としてある程度の確率で信頼できると思っており、古来からの言い伝えを個人向けにアレンジして伝承しているという風に割り切っているというのがどこかにあります。スピリチュアルに関りながら生きていくって中々思うところがありますね。ただ、よく分からないから面白いのだとも言えます。