「秒速で1億を稼ぐ男」というキャッチコピーで有名な与沢翼氏。情報商材の提供をすることで、ネオヒルズ族にのし上がった人物です。豪遊したり、女をはべらせたり、メディアでも金持ちぶりをアピールしていました。昨日、彼のブログで、資金がショートし事業縮小、自身の資産も一部売却したとの報告がありました。

私は彼と直接関わりは無いのですが、縁ができそうだった時期があります。

最近の話ですが、某会社の代表面接に行ってきました。この会社のメイン事業の社会貢献性に興味があったので、応募したのですが、この会社、ネットで検索してみるとどうもクレームが多い。どうやら、新規事業を始めようとして与沢氏と関わりをもった結果、大コケしたらしく、関係者に損害をもたらした模様です。面接中に失敗した事業について聞いてみたのですが、代表の反省している感じが伝わってきました。

ただ、それでもまだ、もやもやするのです。以前、「面接でありえないと思ったことワースト8」という記事を書きましたが、その条件の幾つかに当てはまっていたのです。しかし代表からは是非弊社の入社を検討してくださいと何度もプッシュされ、面接に手ごたえはありました。面接終了後、もし受かってしまったら内定を受けるべきなんだろうかと、ずっと悩んでいました。滅多に自分を占いませんが、あまりにももやもやしたので、占ってみた程です。実際のところ1週間以上経った後、面接そのものは受かったとようやく連絡がありました。代表面接突破だし、これで内定…と思いきや、急に追加の選考フローを言い渡されます。モチベーションが低いまま、追加選考を受け、代表面接で言った内容とほぼ同じことを答えたところ何故かそこで落とされました。あまりにも不可解と思っておりましたが、与沢氏のブログを見て、あの会社も何らかの影響を受けたと推測でき腹落ちした次第です。

あんな誠実な文章を書ける人なら、いつか本当に彼とご縁があってもいいなと思います。ちなみに占いの結果は「あの代表面接には受かるけど、縁が無い」ということで、当時は「は?」と思ったのですが、結果としては当たってましたね。

関連記事:稼げるSNS「tsū」を辞めることにした。そして退会方法