前回の記事:リストラの予感があって、まず何をしたか

リストラされることが決まり、交渉の末、退職日まで有給消化していいこととなりました。有給は溜まっていたので、1か月と数日、働かずに給料がもらえると言う驚異的な状況となりました。つまり、無限の自由を手に入れ、しかも1か月近くは会社員と名乗れる状態でした。このボーナスステージともいえる状況をどう使うのか、そして今後どのように生きていくのか、考える必要がありました。

家具がろくに揃っていない東京のアパートで、まずはネットを繋ぎ、色んなことを調べて構想を練った結果、次のような計画を立てました。

 

8月~9月:東京を拠点に海外旅行やボランティアをする。
9月末(本退職予定):フィリピンで語学留学をする。東京にアパートは借りっぱなし。
1月下旬:日本に帰国し、住民登録。
2月上旬:転職活動開始。
4月:一流企業で業務開始。 


一見ざっくりしていますが、それでも我ながら綿密に練られたプランだと思います。

【ポイント1】2013年は日本国内(東京)に居住していない
私は、それまで中国に住んでいたため、住民票を抜いた状態であり、日本国内に居住していない状態でした。急きょ、東京にアパートを借りたはものの、日本国内に約300日以上いないと認められた場合は、日本国内に居住していないという扱いになります。日本国内に居住していると住民税が発生してしまうので、これを避けようとしました。実のところ、本帰国からフィリピン留学の合間に海外旅行に行くことで、300日以上日本にいないように調整をしたのです。役所にもパスポートの履歴を見せて正直に話すと、案外すんなり手続きが進むものです。

関連記事:「失職⇒海外逃亡」の意外なメリット


【ポイント2】健康保険の支払回避
会社勤めのときは、会社の指定する健康保険に加入する義務があります。そして、会社勤めが終わると、国民健康保険など何かしらの健康保険に加入する義務があります。会社を辞めるとほぼ同時に海外に出発するので、健康保険の加入をスルーすることができました。まあ、代わりに留学用の海外旅行保険に入ったわけですけどもね。歯医者だけは海外旅行保険で対処できないので、9月中に何度も歯医者に通いました。

関連記事:私の国保は年間1万2960円です。


【ポイント3】転職活動が始まるまで、履歴書に傷が無い
海外出向を終え、会社を辞めると同時に、海外留学。自分で言うのも難ですが、すごいカッコイイ響きです。しかも履歴書に傷が無いし、英語のスキルアップによって、もっといい仕事が見つかるかもとさえ思っていました。


【ポイント4】万が一、転職活動がうまくいかなかったときの影のプラン
約4か月の海外留学というのは中々絶妙な期間です。20代の失業者は、会社を辞めて1年以内に3か月失業手当を貰える権利が発生します。自己都合退職の場合は3か月待たないと支給されませんが、会社都合の場合は翌月から失業手当を貰えます。さらにしかるべき条件をクリアすると2か月支給期間が延長されます。つまり、私の場合、会社を退職してから5~9か月の間は、最悪失業手当で生きていけます。さらに職業訓練を行うと、私の場合は12ヵ月目まで手当が支給されます。つまり3つの公的セーフティーネットをフルに活かせる状態だったのです。
とはいえ、もちろん私は4月から働きたかったのでした。セーフティーネットはあくまでもセーフティーネットであるべきだと思います。


【ポイント5】東京にアパートを借りっぱなし
東京での再就職活動は、東京に拠点があった方が良いと言えます。とはいえ、無職になるとアパートを借りるのは厳しいです。保険料を余計に払うことで何とか契約するか、アパートを諦めシェアハウスに住むということしか選択肢がなくなります。そんなわけで、少々もったいないのですが、留学期間中でも東京にアパートを借りたままにしておきました。それに、もし留学前に解約したとしても、帰国後に再契約すると結局4か月分の家賃に相当する金額は、そこで飛んでしまうのです。借りっぱなしという選択は、「フィリピンでの生活が気に入ってそこに定住する可能性を無くす」以外、全くデメリットがありませんでした。


【ポイント6】怪しげな契約を打ち切る口実になる
大手家電量販店でインターネット契約をすると、数万円分の商品券がもらえるというキャンペーンをやっていることがあります。しかし、それにはカラクリがあり、「2年間契約し、途中退会の場合は違約金発生」「高額プランを契約しなければならない」「ケーブルテレビなどのオプションをつける」など面倒くさい制約があります。しかも、退会しようと電話すると、向こうも商売なので、あの手この手で退会させてくれません。

ところが海外に引っ越すというと、向こうも手の打ちようがないので、案外すんなり手を引くものです。ネット回線以外にも、普通打ち切るのが難しいだろうと思われる契約も、簡単に解除することができます。

私の場合はネット回線を引くことで、5万円の商品券を貰いました。そして、2か月利用した後、即解約。違約金を2万払いましたが、「4か月利用しないこと」「高額プランや変なオプションを解除するメリット」「帰国後から割安プランでの再契約予定」を考えると充分にお得でした。


他にも新しくクレジットカードを作るべきかとか、ローンを組むなら今のうちなのか等、色々考えましたが、結局不要という事で、その辺りには手を出しませんでした。無職になる予定の人はカード、ローン、住居に不満が無いか要チェックですよ。


次の記事
赴任を解かれた後、何故自分の金で中国に戻ったか
退職前に、非会社社会に生きる人との再会の旅。東ティモールへ