魔術師ダッチの人生放浪日記

ベンチャー企業北京支社の20代管理職⇒プロ無職⇒プロ占い師⇒普通な魔術師。他人の仕事運、旅行運、恋愛運を占いながら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。

無職。それは圧倒的な自由時間の中に身を投じられる立場。そんな時間をどのように利用しているのか、主に20~30代にありえそうな無職の行動パターンを8つに分類しました。自営業者やリタイア者は除外。【1】ひきこもり型消費を中心とした生活を送り、自発的な行動を避けるタ ...

海外赴任中に、恐れていたことがあります。「ここで会社と折り合いが悪くなって、自己都合退職になったらどうしよう」と。この状況は、実家はど田舎だけど大学以降東京を拠点に活動していた人が、今まで縁の無かった地方に転勤させられ、地方の社宅に住んでいるのと感覚的に ...

前回の記事:毒霧の国からの脱出2013年の夏、日本の本社から帰任するようにと連絡がありました。不可解なのは、帰任後の配属先について何の情報も教えてくれないこと。とにかく一度戻ってこいと。大急ぎで業務をマニュアル化して引き継ぎ、引っ越しの手配を終え、北京の知人 ...

私は日本の会社に就職しましたが、北京の子会社に出向することとなりました。「意味のあることは何でもやってみましょう」という寛容な上司の下、自分の管轄している部署のメンバーと好き放題仕事していました。仕事は決して楽では無いけど楽しかったです。食べ物も安くて美 ...

↑このページのトップヘ